2017/12/11に開催された「Deep tech FUKUOKA」に、弊社事業開発部の田邊が登壇しました。
福岡から世界に羽ばたく技術として当社のコア技術である「PPRタンパク質を用いた工学技術」の説明および、幅広い事業に応用できる技術であることから、生物のみならずロボット・AIを駆使しての事業展開を説明いたしました。

外部リンク:Deep tech FUKUOKA

今後もピッチイベントや講演会等を通じて、当社のコア技術である「PPRタンパク質を用いた工学技術」をベースに、RNA編集/DNA操作に関する技術情報の普及に取り組んでまいります。