ゲノム編集・RNA操作技術ベンチャーのエディットフォース

ケミカル分野(化学分野・物質生産)

ケミカル分野では、PPR技術を用いて植物や微生物などを利用した物質の生産性向上や、収量の増加などが期待できます。

バイオ燃料

●環境問題や、有限な石油燃料への代替として、微細藻類や微生物を用いたバイオ燃料の生産技術の開発が進められています。
PPR技術によって、藻類や微生物の代謝経路を改変することで、バイオ燃料の産生効率を改善出来る可能性があります。

抗体産生

●抗体産生や、ワクチン産生など動物細胞を用いたタンパクの生産プロセスにおいて、PPRを用いてRNAのタンパク翻訳量を制御することにより、収量や品質を改善できる可能性があります。

ケミカル品

●大腸菌や酵母等の微生物を用いたケミカル品・香料の産生・微細藻類を用いた色素生産など従来の化学合成法では合成や単離が困難な化合物に対して、微生物の力を利用した化合物合成があります。
PPR技術を用いることにより、これらの生産プロセスの効率化や、収量の改善が期待できます。

酵素

●洗剤や繊維などの工業向け酵素から、診断薬等の医療向けの酵素まで、バクテリアや酵母を用いた酵素産生のプロセスにおいてPPR技術を用いて代謝経路やタンパクの翻訳を制御する事により、生産量の改善や質を向上できる可能性があります。

技術相談・共同研究などのお問い合わせは TEL 092-802-4935 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © EditForce All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.