エディットフォース株式会社(福岡県福岡市中央区、代表取締役社長 中村 崇裕)は、2017 年 4 月 5 日に、株式会社東京大学エッジキャピタル(東京都中央区、代表取締役社長 郷治 友孝)、KISCO 株式会社(東京都中央区、代表取締役 岸本剛一)、およびQB キャピタル合同会社(福岡県福岡市中央区、代表パートナー 坂本 剛、本藤 孝)を引受先とする総額 3 億円の第三者割当増資を実施しました。

当社はこれまでプラットフォーム技術の開発に注力してまいりましたが、今回 の資金調達に伴い、様々な分野における PPR技術製品の販売や事業会社との協業、共同研究開発など事業拡大への取り組みを積極的に行ってまいります。

■PPR 技術について
PPR(Pentatricopeptide-repeat protein)タンパク質は植物に非常に多く含まれるタンパク質です。
九州大学農学研究院 准教授 中村崇裕は、これらが細胞内の特定DNA および RNA に対して作用するメカニズムを解明し、所望の DNA またはRNA 配列に結合する人工タンパク質生成の技術基盤を確立しました。
PPR 技術を用いることで、細胞内のDNA/RNA(ゲノム)を自由に操作・改変することが可能(ゲノム編集等)であるため、当社はこの技術を用いて、メディカル・アグリ・ケミカル分野など様々な産業への適用を目指しております。